長持ちさせる

メモ帳とペン

大切なマイホーム、家は人生で一番高い買い物ですので、少しでも長持ちさせたいもの。しかし、長年住んでくると老朽化してきます。家を長持ちさせるためには外壁塗装をする必要があります。 特に大事なのは外構で、一般に外壁塗装の目安は新築から約10年といわれています。壁が新築の頃よりも色あせてくる、こすると白い粉が付く、これはチョーキングという現象です。ひび割れてくる、コケやカビが目立ってくる。このような現象が起きてくると、外壁塗装の目安となります。 外壁塗装のプロといえば、リフォーム業者です。リフォーム業者は依頼主の相談から始まり、家の調査、診断、見積もり、そしてリフォーム工事まですべてを任せることができます。 大事なのは、必ず信用のおける、確かな腕のリフォーム業者に依頼することです。

リフォーム工事において必要となる外壁塗装は現在、単に外観を綺麗にするためだけのものではなく、建物をいかに保護するかも重視されるものとなっています。躯体を風雨から守る防水性能や、外気から室内を守る断熱性能など外壁塗装で使用される塗料にも改良が加えられてきています。 それと併せてメンテナンスの手間を省くための耐久性を高める塗料も増えています。その一方で、そのような高機能な塗料を活かす塗装技術も外壁塗装業者に求められることになります。塗料を薄めずに厚めに塗る技術を必要とされることにより、外壁塗装業者はその技術の高さをアピールするものとなっています。 また、エクステリアとしての景観を考慮したデザインのアドバイスも行われるようになっています。